ところで、「エシカル消費」ってなに?

 
「エシカル消費」は「倫理的消費」とも言われ、消費者が環境、人や社会、地域に配慮しながら消費を行い、
環境問題や社会問題などの社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援することです。
お互いを思いやる消費が社会を変え、将来の子ども達が住みよい社会や地球環境の実現につながります。

Twitterキャンペーン
徳島エシカルレシピコンテスト
みんなで最優秀レシピを決めよう!
徳島エシカルレシピコンテストに多数ご応募いただきありがとうございます!
個性あふれる様々なエシカルレシピをエントリーしていただきました。
その中から厳正な審査を通過した4つのレシピを選出。
ここから選ばれる最優秀レシピは、皆さんからの投票で決定いたします。
ご自身が試してみたい、食べてみたいと思うレシピに投票してください。
※投票にはツイッターアカウントが必要です。

投票期間:
令和4年9月2日(金)正午
~令和4年9月8日(木)正午
材料・レシピを
詳しく見る
  • ■材料(1人分)
    【とくしま根源ソイ春巻き】
    蒸し大豆67g
    藍住の人参50g(3分の1本)
    鳴門のレンコン70g(大3cm)
    シソ3枚
    春巻きの皮3枚
    しょうがすりおろし小さじ1
    ニンニクすりおろし小さじ1
    醤油小さじ3分の1
    片栗粉小さじ2
    カレーのルー4g
    【鳴門のらっきょうタルタルソース】
    鳴門のらっきょう甘酢漬け4粒
    玉ねぎ30g
    ゆで卵2分の1個
    マヨネーズ適量(約大さじ1)
    塩コショウ少々
    スダチ2分の1個
    【野菜出汁味噌汁】
    味噌小さじ1
    乾燥カット鳴門無塩ワカメひとつまみ
  • ■レシピ
    【とくしま根源ソイ春巻き】
    蒸し大豆をフードプロセッサーで練る。
    人参とレンコンは皮のまま、おろし器でおろす。野菜の水分を絞り、①と混ぜる。その水分は別の容器に取っておく。
    しょうが、ニンニク、醤油、片栗粉を②に入れ、カレーのルーは、包丁で削ぎ、細かくして、②と混ぜ、手でよく捏ねる。
    春巻きの皮をひし形に置き、シソを置き、③をシソの上に乗せて、平らに包む。
    少なめの油で170℃で5分程揚げ焼きにする。
    【鳴門のらっきょうタルタルソース】
    らっきょうと玉ねぎをみじん切りにする。
    ゆで卵を細かく潰し①と混ぜる。
    マヨネーズと塩コショウを入れ、混ぜる。
    盛り付けてから、スダチの皮をすりおろす。
    【野菜出汁味噌汁】
    取っておいた野菜の絞り水分を出汁とし、水を足して、合計700mLにして、鍋にかける。(絞り水分は約150mL)
    ワカメを入れ、ひと煮立ちしたら、味噌を溶き、火を止めて完成。
  • ■工夫した点
    ・らっきょうのタルタルソースの食感を活かす為、大豆はすり潰して入れた点
    ・全体的に食品ロスの少ないように考えたが、皮を入れることで旨味が増した点
    ・野菜の絞り水分の出汁は、甘みがあり、とても美味しくできた点

     
    材料・レシピを
    詳しく見る
  • ■材料(1人分)
    【生地】
    薄力粉50g
    おから50g
    玉子1個
    90cc
    少々
    【具】
    青唐辛子(みまから)5本
    人参20g
    フィッシュカツ半枚
    ニラ50g
    赤パプリカ30g
    【タレ】
    出汁しょうゆ大さじ1
    大さじ1
    すだち酢大さじ2
    おろしニンニク小さじ1
    すりごま(白)大さじ2
    細ネギ1本
    【飾り】
    すだち
    糸切り唐辛子
  • ■レシピ
    ボウルに玉子を割りほぐし、水、薄力粉、おから、塩を加え、混ぜる。
    みまからは、半分に切って、種を取り除き、横に千切りにする。
    人参は3センチ長さの千切りにし、パプリカは7ミリくらいの角切りにする。
    ニラは3センチに切り、フィッシュカツは2センチの長さで幅5ミリに切る。
    切れた具を①の生地に入れ、混ぜる。
    タレの材料を混ぜて、細ネギを小口切りにしたものをタレに散らす。
    フライパンに胡麻油を入れ、あたたまったら、生地を薄く押し付けながら入れ、焼く。ひっくり返して、裏も焼く。
    菱形に切って、皿に盛り、糸切り唐辛子とすだちを添える。
  • ■工夫した点
    ・すだちで、さっぱり感を出し、パプリカを加えて彩り良くし、食欲をますように工夫した点

     
    材料・レシピを
    詳しく見る
  • ■材料(1人分)
    そば米10g
    鹿肉(下茹で済み)20g
    にんじん1/4本
    玉ねぎ1/4個
    トマト1/2個
    キャベツ2枚
    かぼちゃ30g
    なす1/2本
    ピーマン1個
    にんにく1/4かけ
    塩胡椒少々
    パセリ適量
    適量
    【A】
    500mL
    小さじ1
    【B】
    顆粒コンソメ小さじ1
    トマトケチャップ大さじ1
    大さじ1
  • ■材料(1人分)
    キャベツ以外の野菜と鹿肉を1㎝の角切りにする。鹿肉はやや細かく食べやすい大きさに切る。キャベツを小さめのざく切りにする。にんにくをみじん切りにする。野菜の皮や芯、ヘタなどは出汁に使用するためとっておく。
    ①でとっておいた野菜の切れ端等をよく洗い、鍋に入れる。Aを加え、弱火で20~30分煮込み、火を止める。
    ボウルにザルとキッチンペーパーをのせ、野菜を濾す。
    鍋に油を熱し、鹿肉とにんにくを炒める。全体が炒まったら(3)の出汁とBを加え、弱火または中火で15~20分煮る。
    ②にサッと洗ったそば米を加え、さらに6~7分煮る。そば米に火が通ったら、塩胡椒で味を整える。器に盛り、乾燥パセリまたはパセリをのせる。
  • ■工夫した点
    ・鹿肉でも食べやすいように下茹でをしたり、にんにくを加えたりした点
    ・野菜を小さめに切りながらも切り方をそろえ、食感を残しつつ食べやすく、かつ見た目も綺麗にした点

     
    材料・レシピを
    詳しく見る
  • ■材料(1人分)
    阿波尾鶏ミンチ20g
    大きめレンコン(輪切り)2枚
    レンコン(すりおろし)40g
    大葉1枚
    ゆずみそ大さじ1
    マヨネーズ大さじ1
    薄力粉50g
    冷水75ml
    油(揚げ物用)100ml
    塩コショウ適量
    水(味噌に合わせる用)小さじ2分の1
    ドライバジル適量
  • ■材料(1人分)
    初めに、ゆずみそを大さじ1水小さじ2分の1を混ぜておく。大葉を水につけておく。
    【鶏とレンコンのパテ】
    レンコンを40gすりおろす。ミンチ20gと混ぜ合わせ塩コショウを適量入れる。少し薄めのハンバーグを作る。
    フライパンに油を適量引いて①を入れる。中火で見た目が白くなり火が通ってきたら最初に作っておいたゆずみそをフライパンに入れて弱火で軽く絡める。
    【レンコンの天ぷら】
    ②をしている間にレンコン1枚4mmで輪切りにする。
    薄力粉、冷水、マヨネーズをだまがなくなるまで混ぜ合わせる。
    輪切りレンコンに両面少し小麦粉を付け④の中に入れる。
    油をフライパンに入れて、中火で薄いきつね色になるぐらいまで⑤を揚げる。
    全ての工程が終わったら、揚げたレンコンの上に大葉、ハンバーグ、揚げたレンコンの順に乗せて、塩コショウ、ドライバジルを適量ふり、袋に入れたら完成!
  • ■工夫した点
    ・レンコンをすりおろしてパテにすることでふわふわに仕上げた点
    ・レンコンの皮をそのまま使うことで、環境に配慮した点

    徳島エシカルレシピコンテスト
    たくさんのご応募ありがとうございました。
    環境、人や社会、地域に配慮した消費行動である「エシカル消費」は、
    ご家庭の食卓でも気軽にチャレンジすることができます。
    あなたならではの「エシカル」なレシピ、奮ってご応募ください!
    優秀レシピは『とくしまみんなでエシカルレシピブック』にて紹介!
    最優秀レシピを考案いただいた方には賞金3万円を進呈いたします!!




    ※募集は終了しました。
    【募集要項】
    応募資格:徳島県内にお住まい、またはゆかりのある方(個人・団体応募どちらも可)
    応募期間:令和4年6月10日(金)から令和4年7月31日(日)まで
    応募方法:下の応募フォームより、必要事項をご記入のうえ応募してください。
    ※自作・未発表のレシピをご応募ください。
    ※応募された作品は、徳島県ウェブサイトなどで活用させていただく事があります。
    ※最優秀/優秀レシピに選定された場合は、応募者情報を公表させていただく場合がございます。
    ※お送りいただいた個人情報は、本業務に必要な範囲に限定して、適切に利用いたします。


    賞金:最優秀レシピ(1作)応募者に賞金3万円



     
    とくしまみんなでエシカル消費 Twitterキャンペーン運営事務局
    お問い合わせフォーム